teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


いつも不十分な書き込みでごめんなさい。

 投稿者:chiyu  投稿日:2005年 7月28日(木)02時39分26秒 93.70.44.61.ap.seikyou.ne.jp
編集済
  こんばんは。
管理人さんへ。

いつも後から付け足してごめんなさい。
自作のWord用マクロですが、
現状では、実用には耐えないと思います。
どこをどう修正したらいいのか、全然わかっていません。

フォントを指定していても、入力時は文字化け(四角)したままで、
マクロ終了後フォントを指定し直すと、文字化けが直ります。
他にも実用に耐えない部分はあるのですが、長くなるので止めます。
 
 

フリーソフト用マクロ

 投稿者:管理人  投稿日:2005年 7月26日(火)22時29分54秒 p1185-ipbf208sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
編集済
  >> 以前にフリーソフト用の「アイヌ語変換サポートマクロ」があったような気がしますが、私の思い違いでしょうか?

> もしかしたら、「計算」を「変換」と聞き間違えたとか・・・。
>「AinuCalc」
> http://www.vector.co.jp/soft/win95/personal/se265791.html

こういう楽しいものもあるんですね。
なかなかいいですね。

>それとも、奥田統己先生の作成物の事を言っていたとか。
>「フリーソフト」=「sed」「perl」という事で・・・。

思い出しました。
「ainu_exchange 」(文字列置換えソフト用)
でした。
『Speeeeed 』の場合
『AOK CRLF Converter』の場合

無料というのが、よいと思います。
こういうのもあってもよいのでは?と思うのですが。。。
ユニコードに対応してないのですか?
他に無料ソフトがあるのなら、それでもよいのですが。。。

> http://ha1.seikyou.ne.jp/home/akairingosaita/aynu.dot
> MS Word用のマクロです。
>「秀丸エディタ」でアイヌ語用小文字の入力を支援するためのマクロ
> と似た動作をするはずです。

お疲れさまです。
一太郎マクロの下にアップしておきます。

http://sapporo.cool.ne.jp/kumanesir/index.html#word

>「Rosetta Scripting」 ver.20050724
> http://hp.vector.co.jp/authors/VA038316/
>
> ○ 全てのマクロにおいて、以前までの「誤動作低減のため選択範囲の最終行部分を反応させない仕様」から、直感的に把握出来る操作方法にしつつ誤動作をより低減するように改良。
> ○ 「Ruby Assist (Add Tag).js」「Table Assist (Add Tag).js」にて、自動改行挿入機能が意図通りに動作しなかった&誤動作する事があった不具合を修正。
> ○ 「Ruby Assist (Base-Text←→Ruby-Text).js」にて、正常に動作しなかった不具合を訂正。
> ○  作成サンプルでのルビ文字部分を、「自然との共生」をテーマとした配色(※)に変更。
>作成サンプルのカラーリングについては、今までの赤系統色がアイヌのイメージに合わないような気がしていたので、「自然との共生」をテーマにした色(※)に換えてみました。
>より北海道らしい爽やかな色合いになったと思うのですがどうでしょう?
>管理人さんのサイトでも、ぜひ更新して下さい。
>※ 「自然との共生」をテーマにしたと謳っている愛知万博のマスコットキャラクタ「モリゾーとキッコロ」の色そのものです・・・。

なかなかよいですね。試用いたします。
黄緑色文字ですが、薄くてよく見えない感じがします。
それで、99d140を669900としたのですが、濃緑色文字との
コントラストが悪いので、土のイメージで、赤茶色文字、
aa6633とすることにしました。

http://sapporo.cool.ne.jp/kumanesir/myarti.htm
 

改良しました

 投稿者:ROM  投稿日:2005年 7月24日(日)22時47分39秒 i220-108-159-189.s05.a022.ap.plala.or.jp
編集済
  「Rosetta Scripting」 ver.20050724
http://hp.vector.co.jp/authors/VA038316/


○ 全てのマクロにおいて、以前までの「誤動作低減のため選択範囲の最終行部分を反応させない仕様」から、直感的に把握出来る操作方法にしつつ誤動作をより低減するように改良。

○ 「Ruby Assist (Add Tag).js」「Table Assist (Add Tag).js」にて、自動改行挿入機能が意図通りに動作しなかった&誤動作する事があった不具合を修正。

○ 「Ruby Assist (Base-Text←→Ruby-Text).js」にて、正常に動作しなかった不具合を訂正。

○  作成サンプルでのルビ文字部分を、「自然との共生」をテーマとした配色(※)に変更。


作成サンプルのカラーリングについては、今までの赤系統色がアイヌのイメージに合わないような気がしていたので、「自然との共生」をテーマにした色(※)に換えてみました。
より北海道らしい爽やかな色合いになったと思うのですがどうでしょう?
管理人さんのサイトでも、ぜひ更新して下さい。

※ 「自然との共生」をテーマにしたと謳っている愛知万博のマスコットキャラクタモリゾーキッコロの色そのものです・・・。
 

♪Wellcome to Vista

 投稿者:ROM  投稿日:2005年 7月24日(日)22時43分51秒 i220-108-159-189.s05.a022.ap.plala.or.jp
編集済
  > Windows Code-Named“Longhorn”ですが、Windows Vistaと決まったようですね。

消費者の嗜好の変化についていく事が出来なかった、トヨタの不人気セダン&販売チャネルというイメージが・・・。


> 2006年に販売予定とのこと、楽しみですね。

高速道路の標識のような書体デザインのフォントを標準書体にされても困りますよね?
確かに「企業名のロゴ」とか「広告媒体」などで最近流行っている系統の書体ですが、アクセントとして使うからこそアイキャッチに優れる訳で、これで会社の書類の全文を作るとなったら、かなり軽薄感が漂ってしまうのでは無いかと・・・。


> 小形克宏さんの「文字の海、ビットの舟」特別編23
> 『Uniscribe』の技術の一部は、XPにも導入されているのでしょうか?

Windows XP SP2で導入されましたね。
『Uniscribe』の本体は「usp10.dll」で、よりバージョンの高いレンダリングエンジン『Uniscribe』というのは、「usp10.dll」version1.420以降の事を指しています。

その記事が書かれたのは、Windows XP SP2がリリースされる前の段階なので、そのような表現になっている訳です。
また、その段階では執筆者がMicrosoft Office 2003を導入していなかったという事もありますが、標準状態のMicrosoft Office 2003のインストーラーには不具合がある(Microsoftでは「仕様」と主張している)ため、いずれにせよそういう表現にせざるを得なかったでしょう。


> 以前にフリーソフト用の「アイヌ語変換サポートマクロ」があったような気がしますが、私の思い違いでしょうか?

もしかしたら、「計算」を「変換」と聞き間違えたとか・・・。
「AinuCalc」
http://www.vector.co.jp/soft/win95/personal/se265791.html

それとも、奥田統己先生の作成物の事を言っていたとか。
「フリーソフト」=「sed」「perl」という事で・・・。
 

Wordマクロ(ローマ字入力)

 投稿者:chiyu@山口県  投稿日:2005年 7月24日(日)18時06分33秒 120.70.44.61.ap.seikyou.ne.jp
編集済
  こんにちは。

http://ha1.seikyou.ne.jp/home/akairingosaita/aynu.dot
MS Word用のマクロです。
「秀丸エディタ」でアイヌ語用小文字の入力を支援するためのマクロ
と似た動作をするはずです。

不具合もたくさんあると思いますが、
やっと動いたので、報告します。

Windows98(日本語版) + MS Word 2000
WindowsXP SP2(日本語版) + MS Word 2002
では一応動きました。
 

Mozilla 1.2.1 for Mac OS 9.2

 投稿者:管理人  投稿日:2005年 7月23日(土)16時43分39秒 p1185-ipbf208sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
編集済
  Mozilla 1.2.1 for Mac OS 9.2をインストールしました。
公式版では、Mac OS 9.2では、これが最後のバージョンとのことでした。
ずいぶん古いバージョンになると思います。

日本語パックが見あたらないので、メニューは英語ですが、
「エスペラント(tableタグ)」「(rubyタグ)」 「(ruby擬似CSS)」
を見ました。

「エスペラント(tableタグ)」、「(ruby擬似CSS)」はきちんと
表示するようです。
「(rubyタグ)」 は、「XHTML Ruby Support」をインストールすると
インストールは成功したとはでるのですが、設定で出てこないので、
ないのと同じ( )書きのページになります。
少なくとも、Mozilla 1.2.1 for Mac OS 9.2に関しては、(ruby擬似CSS)が
有用と思います。ただ、アイヌ語用新カナは、「?」となりますね。
kamuyyukarのr(小さなラ)のところです。

追伸:
日本語パックですが、
http://prdownloads.sourceforge.net/jlpmoz/mozilla1.2-jajppack-kv0.2.xpi?download
の /jlpmoz/mozilla1.2-jajppack-kv0.2.xpi
をダウンロードすることによって、日本語化することができました。
 

Windows Vista

 投稿者:管理人  投稿日:2005年 7月23日(土)12時11分26秒 p1185-ipbf208sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
編集済
  Windows Code-Named“Longhorn”ですが、Windows Vistaと決まったようですね。
2006年に販売予定とのこと、楽しみですね。

小形克宏さんの「文字の海、ビットの舟」特別編23
http://internet.watch.impress.co.jp/www/column/ogata/sp23.htm
を見ると、
「Longhornで実装予定の、よりバージョンの高いレンダリングエンジン『Uniscribe』(Unicode Script Processor)により、Windows XPまでは表示不可能だったJIS X 0213の結合文字、アイヌ文字、発音記号などを表示できるようにすることが表明された」
とありますね。
アイヌ文字については、さらに完成されたものができるということなのかな?
『Uniscribe』の技術の一部は、XPにも導入されているのでしょうか?

それと、以前にフリーソフト用の「アイヌ語変換サポートマクロ」があったような気がしますが、私の思い違いでしょうか?
もしあったのなら、フリーというのも魅力的なのでこれも復活してほしいと思います。
リンクもします。
 

いろいろ調べました

 投稿者:管理人  投稿日:2005年 7月22日(金)23時27分9秒 p1185-ipbf208sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
編集済
  >> 日本語が先でアイヌ語が後の場合のRubyタグ・マクロの場合は誤検出は少ないのですが、
>> アイヌ語が先で日本語が後の場合のTableタグ・マクロの場合は誤検出が多いです。

>現状では「一箇所改良すると他の箇所に不具合が出る」という感じになっています。

解決法としては、Tableタグの方だけを、文末の誤検出の可能性が若干上がっても、
直感的に把握出来る操作方法にしてはいかがでしょうか?

>> Netscape 7.0.2では(rubyタグ)「XHTML Ruby Support」を事前にインストールしても機能せず

>Mozilla(Gecko)コンポーネントの機能にOS側が対応し切れていない???
>それとも「XHTML Ruby Support」の不具合???

わかりません。MacOS9.2環境です。何かわかったら教えてください。
インストールはうまくいきましたが、設定のところに、「XHTML Ruby Support」
が出現しませんでした。なぜかはわかりません。

> Windows版Mozillaでも(ruby擬似CSS)を「XHTML Ruby Support」無しの状態で見て欲しいですね。

Windows版Mozilla1.5で試してみました。
「XHTML Ruby Support」の Show XHTML Ruby にチェックをはずし、(ruby擬似CSS)
で見ると、きちんと出力してます。
Show XHTML Ruby にチェックを入れ、(ruby)を見ましたが、Windows版Mozilla1.5
のルビはずいぶん小さいですね。
 

不具合だらけでスミマセン・・・

 投稿者:ROM  投稿日:2005年 7月22日(金)22時58分4秒 i60-47-57-148.s05.a022.ap.plala.or.jp
編集済
  > 日本語が先でアイヌ語が後の場合のRubyタグ・マクロの場合は誤検出は少ないのですが、
> アイヌ語が先で日本語が後の場合のTableタグ・マクロの場合は誤検出が多いです。

現状では「一箇所改良すると他の箇所に不具合が出る」という感じになっています。
(Tableタグの方を切り捨てれば、こんなにも不具合と格闘しなくても済むのですが・・・)

だからこそPreview Release版としている訳なのですが、そのうち安定してくると思いますので、今は「Rosetta Scripting」対応記述形式テキストを作り溜めておく作業をしておいてもらえばと思います。


> 意味がよくわからないのですが、一行あけると半自動生成処理を行いますということですか?

そうでは無いのですが・・・。
やはり、もっと直感的に把握出来る操作方法にしなくては駄目みたいですね。


> Netscape 7.0.2では(rubyタグ)「XHTML Ruby Support」を事前にインストールしても機能せず

Mozilla(Gecko)コンポーネントの機能にOS側が対応し切れていない???
それとも「XHTML Ruby Support」の不具合???

ただ、Windowsの場合でも「XHTML Ruby Support」をインストールしている状態では、(rubyタグ)でも(ruby擬似CSS)でもルビ部分の文字サイズをHTMLファイルで制御出来無い問題があるので、Windows版Mozillaでも(ruby擬似CSS)を「XHTML Ruby Support」無しの状態で見て欲しいですね。
 

レンタル掲示板
/9