teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


マギー・スミス

 投稿者:オカピー  投稿日:2017年 6月 2日(金)22時50分2秒
  皆さま、毎度ご解答有難うございます。
nesskoさんと十瑠さんには「リマインダー」を送るという失礼を致しました。

さて問題ですが、今回は非常に優しかったと思います。案の定悩まれた方はいらっしゃらなかったようです。


>vivajijiさん


>>「ミス・ブロディの青春」
僕が名前を憶えたといった作品というのがこれです。
何十年も観ていず、当時まだ子供だったこともあり、もう正確に思い出せません。NHKはこういう作品こそ放送すべきです。

>>「ダウントン・アビー」
TVなのですね。
興味が湧きましたので、チャンスがあれば観たいです。

>>かくかく
演技ではないかもしれません。


>nesskoさん

>>「ナイル殺人事件」
や「眺めのいい部屋」は中興期の作品で、彼女の現在の地位を築いたと言えるかもしれませんね。
「地中海殺人事件」にも出ていました。
ポワロものは読むより映画で見る方が好きです。


>ハンドルネーム名無しさん

お帰りなさい(笑)

>>「ミス・ブロディの青春」
恐らく(日本で公開された作品の中で)初主演の作品と思います。ベテランさんがまず思い出すのがこの作品でしょうねえ。

>>「天使にラブ・ソングを」
すっかり忘れていました。出演されていたんでしょうねえ。僕も年です。


>十瑠さん

>>「ミス・ブロディの青春」
映画館では観ていませんが、多分1973年頃観てマギー・スミスという名前を憶えました。
しかし、内容は教師ものという以外よく憶えていないのです。

>>「眺めのいい部屋」
「ナイル殺人事件」があって「眺め」があり、今日の彼女があるのではないかと思います。どちらも重要な作品でしょうね。
 
 

「ミス・ブロディの青春」は

 投稿者:十瑠  投稿日:2017年 6月 2日(金)14時40分21秒
  当時買い始めてた「スクリーン」で、彼女のオスカー受賞を報じていたのが記憶にあります。
気にはなってたけど、結局観なかったような。セリア・ジョンソンも出てるし、観なくちゃですね。
僕が一番に思い出すのは「眺めのいい部屋」です。英国アカデミー賞で彼女が主演女優賞を獲ったのに驚きました。

http://blog.goo.ne.jp/8seasons

 

上流階級の香りのする女優さん

 投稿者:ハンドルネーム名無し  投稿日:2017年 6月 2日(金)07時15分55秒
  2か月ぶりの参加です、緑寿を過ぎるともう本当に忘れっぽくて困ります。

さてこの方、数少ない(?)大ベテラン英国女優さんでしょうか。
若い頃は結構重要な脇役も多かったように思います。
代表作はやはり「ミス・ブロディの青春」かな!
その後の作品は全く観てませんが、「天使にラブ・ソングを」をテレビで観ました。
他に「女が愛情に渇くとき」や、
500円で買ったDVDで観た「三人の女性への招待状」など覚えています。

マ○ー・ス△ス女史です
 

イギリスの名優ですよね

 投稿者:nessko  投稿日:2017年 6月 1日(木)22時48分36秒
  映画ですぐ思い浮かんだのは『ナイル殺人事件』です。
オールスター映画のアガサクリスティ作品、こういうのゆったり楽しめるのでよかったです。
〇ギ〇・ス〇ス

http://d.hatena.ne.jp/nessko/

 

83歳!現役!

 投稿者:vivajiji  投稿日:2017年 6月 1日(木)10時57分3秒
  今でこそ“しわくちゃ”ですけれど、この方の若い頃って
ほんと綺麗でしたね~そしてイギリス的色気というか。^^;
「ミス・ブロディの青春」を観たときビックリしましたよ。
「ダウントン・アビー」でのクローリー夫人、安心して見れます。
長生きといえば晩年のK・ヘップバーンと同じくこの女優さんも
頭がカクカクしてますが、あれは演技でしょうかしらん。

  マ○ー・○ミス さん
 

ジェニー・アガター

 投稿者:オカピー  投稿日:2017年 5月 2日(火)19時26分49秒
  皆さま、ご解答有難うございました。

僕が「スクリーン」を買い始めた頃、結構話題になっていた女優さんです。当時はまだ十代だったでしょうか。二十代後半くらいにSF映画やホラー映画にも出ましたが、その後四半世紀くらい僕は見ませんでした。 最近は「アベンジャーズ」にも出ましたね。


>十瑠さん

>>アバター
座布団一枚!
あがた森魚の親戚だったりして。

>>「やわらかい手」
僕もこの作品を観た時に「あっ(久しぶりだなあ)!」と思いました。主演のマリアンヌ・フェイスフルと違って、イメージの変わっていないほうでしょうかねえ。

>>「美しき冒険旅行」
同じ頃「若草の祈り」という作品も公開され、マーク・レスターとか、英国の子役や若手が注目されていた時代かもしれませんね。


>vivajijiさん

>>画像がまたでない
ありゃTT
それではお答えようがないですねえ。

>お手上げ
そうでしたか。
出演作品のジャンルが、ややお好みから外れていたのかもです。


>nesskoさん

>>「狼男アメリカン」
僕はこれに出ていたのは忘れていました。
nesskoさんとは逆に、SF映画の「2300年未来への旅」のほうを記憶していました。コスプレがセクシーだったせいでしょうか(笑)。映画としてはさほど面白くなかったと思います。
 

狼男アメリカン

 投稿者:nessko  投稿日:2017年 5月 1日(月)12時33分8秒
  の、看護婦さんだったのをまず思い出しました。「狼男アメリカン」、大好きだったんです。
あと、SF作品にも出ていて、コスプレ姿で映画雑誌に載っていたのを覚えているのですが、かんじんんの映画は見ていないのかな、作品名が出てきません。

ジェ〇〇・〇ガ〇ー

http://d.hatena.ne.jp/nessko/

 

画像が

 投稿者:vivajiji  投稿日:2017年 5月 1日(月)11時56分6秒
  また出ないので、十瑠さんのお答えから推測いたしましてね、
お顔を拝見しても全くピンと来ず今回はお手上げ状態です。
「やわらかい手」は観ましたが記憶に無いのです~
ごめんなさい。(ーー);
 

アバターじゃなくて・・

 投稿者:十瑠  投稿日:2017年 5月 1日(月)08時57分35秒
  ジ○○ー・ア○ターですネ。

2年前に「やわらかい手」で数十年ぶりに再会しましたが、数十年前に封切りで観たオーストラリアをロケした姉弟のサバイバル物語「美しき冒険旅行」の頃の面影がしっかりありました。
清々しい少女から、辛酸をなめた後の棘も感じさせる女性になっておりましたね。

http://blog.goo.ne.jp/8seasons

 

ジョーン・フォンテーン

 投稿者:オカピー  投稿日:2017年 4月 3日(月)21時49分56秒
  皆様、毎度ご回答戴き有難うございます。
ベテランにはイージーな問題でした。

十瑠さんに倣ってWikiで調べたところ、一家は長生きの家系のようで驚きました。一番若死にした父親でも88歳、母親とジョーンが96歳で亡くなり、姉のオリヴィア・デ・ハヴィランドは100歳で存命中です。
Wikiに載っていた彼女の写真、お姉さんによく似ていました。


>vivajijiさん

そう、ヒッチコックの「レベッカ」の彼女です。

>>September song

「旅愁」は良い映画だったと記憶しますが、40年位前に一度TVで観ただけで、すっかり忘れました。
この曲はジョン・ヒューストンの父親ウォルター・ヒューストンが歌ったんですよね。
その男性によろしくお伝えください。

>>お姉さんとの仲
母親が依怙贔屓したのが理由だったようですね。デ・ハヴィランドという名前も使えなかったとか。


>十瑠さん

>>「旅愁」
右に同じです。似た題名の秀作「旅情」があって日本では損をしている作品かも。

>「鳥」と同じ原作者

そう、デュ・モーリアが書いた「レベッカ」。ヒッチコックは原作から大きく変更できず、かつ、編集権を奪われたため、アカデミー作品賞を受賞した後も、「私の作品ではない、私はオスカーをとったことがない」と言っていたとか。


>nesskoさん

>>ヒッチコックの2作
「レベッカ」と「断崖」、彼女は結局この二作に尽きる感じなんですよね。
他の作品が殆ど思い出せないデス。
「風と共に去りぬ」に出ていたお姉さんオリヴィア・デ・ハヴィランドより、好きなマスクでした。しかし、wikiに載っていた一枚の写真はびっくりするくらい似ています。wikiさん間違えていないでしょうな(笑)
 

レンタル掲示板
/79