teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


URLを変更しました

 投稿者:kei  投稿日:2017年 1月14日(土)15時14分0秒
  北海道廃止ローカル線の旅 様

大変ご無沙汰しております。昨日、貴サイトのURLを変更しました。
今後とも宜しくお願い致します。

山本様、リンクされていた全てを削除致しました。
また何かございましたらよろしくお願いします。

http://ameblo.jp/megomegoco/

 
 

URLが変更になりました。

 投稿者:北海道廃止ローカル線の旅  投稿日:2017年 1月13日(金)14時06分13秒
  お世話になっております。
プロバイダのweb spaceの廃止により、
アドレスが変更になりました。
大変お手数ですがブックマークの変更をお願い致します。

北海道廃止ローカル線の旅
新URL
http://hokkaido.coor.net/

宜しくお願い申し上げます。

http://hokkaido.coor.net/

 

リンク削除のお願い

 投稿者:山本  投稿日:2017年 1月10日(火)16時10分48秒
  突然のご連絡をお許しください。

以前、貴サイトにリンク掲載のお願いをさせていただいたサイトの管理人の山本と申します。
これまで長きにわたり、リンク掲載をいただき、本当にありがとうございます。
今回は、運営状況の変化に伴い、リンク削除のお願いをしたくご連絡いたしました。

管理人様の連絡先がこちらの掲示板のみのようですので、こちらから連絡いたしましたが、
せっかくの皆様の交流の場で無粋な話は失礼かと存じますので
下記のメールアドレスまで、ご一報いただけますでしょうか。
⇒ 65cm.yamamoto@gmail.com

大変お手数をお掛けしますが、何卒よろしくお願いいたします。
 

道の駅あいおい

 投稿者:kei  投稿日:2016年 3月29日(火)17時00分31秒
  ビザンチン皇帝さん、初めまして。
ちょっと観光で海外へ行っていたので、返信が大変遅くなりました。
相生線の記事の通り、無料の宿泊施設があります。月曜日以外なら風呂もあるそうです。
現役時代に相生線の存在は知っていましたが、廃止翌年に札幌に住み始めたので乗り鉄は叶わなかったです。
廃線跡探訪と言う考えも無かったので、1986年当時に行けばまだ本岐駅名標などが残っていたのかな?と思います。

http://ameblo.jp/megomegoco/

 

北見相生駅

 投稿者:ビザンチン皇帝  投稿日:2016年 2月28日(日)01時20分1秒
  こんばんは,北見相生駅で検索してたどり着きました.
自分が学生時代の昭和59年,相生線廃止の前年に行きましたが,
当時は北見相生駅から阿寒湖に行くバスがありましたよ.
ただ,接続が絶望的に悪くて(駅で2時間待ちがざら)泣きたくなった思い出があります.
もっとも貧乏学生で周遊券利用の旅行だったため,阿寒湖へのバス代が安かった(当時1000円しなかった)のは助かりましたが.
駅名標まだ残っているんですね,懐かしいので行ってみたいと思いました.

http://byzantine21.com/

 

無人の浜佐呂間駅

 投稿者:kei  投稿日:2015年 6月19日(金)17時21分22秒
  cherry001さん、初めまして。管理者のkeiです。
湧網線も浜佐呂間駅も無くなってしまいましたが、宿泊先のサロマ湖畔YHは現存しています。
湧網線廃止直前に無人の浜佐呂間駅を撮影したので、周囲には自転車も何にも無かったです。
廃止されてからは一度も訪れたことはありませんが、cherry001さんの思い出が浮かんできて良かったです。
また、お時間のある時にでも弊サイトの廃止前の路線をごらんください。
トップページから画像横のリンクをクリックすると対象のページが出てきます。

http://ameblo.jp/megomegoco/

 

浜佐呂間駅懐かしいです

 投稿者:cherry001  投稿日:2015年 6月18日(木)22時04分8秒
  こんにちわ。私は大学時代鉄道研究会に属していて、合宿のため1981年10月初旬に、この浜佐呂間駅に途中下車しました。
当時は有人駅で、帽子の帯から、助役さんが駅長代行をしていたようです。
この駅の面白いところは、近くの原生花園に行くための「貸し自転車業」をしていることで、助役さんにお金を払って自転車をほぼ一日借りられました。(なんと空気入れまで貸してくれます(笑))
サロマ湖はとても距離が長く、次の列車の時間も迫っていたので途中で引き返して戻ってきましたが、ライラック(たぶん)の花畑は壮大で、いい思い出になりました。
今は何も残っていないと聞き、大変に残念です。
駅舎の前にずらりと並んだ貸し自転車が、今でも目に浮かびます。
懐かしい写真をありがとうございました

 

直しました

 投稿者:kei  投稿日:2015年 2月19日(木)04時00分28秒
  しなだぬさん、初めまして。管理者のkeiです。
羽幌炭鉱鉄道の件は知っていましたが、一度直すとフォントやら路線やら全部直さなければならなくなるので放っておいていました。
先程、路線を書き換えて図のフォントを改めました。
全体地図は改めると大変手間がかかるので、名羽線の位置だけ直しました。

元々地図に使っていたフォントはAdobe Photoshop4.0を使っていたのですが、何度もパソコンを改めていたら規格が合わなくなって4.0が使えなくなったのです。これはAdobe Illustrator CS6で作成したフォントの文字をキャプチャーして画像にはめ込んだものです。他に少しだけ体裁を変えています。

深名線は深川方面から行った方が当時住んでいた札幌からも行けたのですが、名寄から朱鞠内まで行ったので全線制覇した気でいました。日を改めて深川側からも撮影していれば国鉄時代の駅名標も全線撮影できたのに・・・と悔やんでいます。

http://ameblo.jp/megomegoco/

 

名羽線について

 投稿者:しなだぬ  投稿日:2015年 2月18日(水)00時16分1秒
  楽しく読ませていただきました。ありがとうございます。
私はGoogleMAPで廃線跡を精密辿り、国土地理院の航空写真や皆様の記事で答えあわせをする趣味を持っております。そんなわけで時々こちらも利用させていただいています。
さて名羽線について。今まで名羽線は深名線から分岐していたものだと思っていました。深名線自体が名羽線の一部だったんですね。勉強になりました。
それとひとつ気になったことがあったので、指摘させていただきます。図の曙駅周辺以西も未成線扱いされていますよ。羽幌炭鉱に東側からアプローチしようとしていたのが名羽線(未成線)で、西側からアプローチしていたのは羽幌炭鉱鉄道(廃線)です。羽幌炭鉱鉄道で未成線扱いできる区間は恐らく羽幌線羽幌駅に接続しΔ線化する予定だった場所だけだと個人的には思います。確かに名羽線が完成していれば羽幌炭鉱鉄道が名羽線化されていたかもしれませんし、そういう意味では未成線かもしれません。もし敢えてそうしているのだとしたら申し訳ないのですが...
 

青函のメニューなつかしい!

 投稿者:ときこ  投稿日:2014年 4月 5日(土)01時35分0秒
  いいものを拝見させていただきました。
なつかしい!
 

レンタル掲示板
/36