teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


マーシャ・メイソン(メイスン)

 投稿者:オカピー  投稿日:2018年12月 2日(日)22時51分55秒
  常連の皆様、ご解答有難うございました。
また、マイクロソフト・エッジを使っていると、更新が見られないという不都合が当方でも生じており、その場合は下の方法で対処いただきお願い申し上げます。

さて、今回は映画ファン好みのしぶい女優さん。非常に上手い女優さんなので、80年代以降は些か寂しいフィルモグラフィーと言わざるを得ません。それも夫君となったニール・サイモンの作品にばかり出ていた結果なのでしょう。


>vivajijiさん

一番人気があり上出来だったのはやはり「グッバイ・ガール」でしょうね。主題歌もそれなりに流行ったような記憶が。共演のリチャード・ドライファスも絶頂期でしたよね。

>>「シンデレラ・リバティ」
出世作!
この映画も秀作で、僕は初鑑賞以来40年くらい観ていないです。
NHK-BSよ、出しとくれ。図書館にビデオはありますが、大昔の作品ならともかく1970年代の映画ではちとつらい。
マーク・ライデルは「黄昏」も良かったし、僕の好きな監督。


>ハンドルネーム名無しさん

グラビアを飾る女優さんではありませんでしたが、映画ファンはちゃんと注目していましたよね。美人じゃないけれど庶民役が上手くて。

>>「オードリー・ローズ」

ロバート・ワイズは60年代初めに「たたり」というオカルト映画を作った実績を買われての起用だったのでしょうが、仰る通り大したことなかったです。



>十瑠さん

ご迷惑をおかげしております。MSエッジが悪いのですけど。

>>ニール・サイモン
「キャッシュマン」まで連続して5,6本マーシャとコンビを組んでいますが、「グッバイ・ガール」に並ぶものは結局出てきませんでした。
離婚後も仕事での付き合いは続いた、とAllcinemaには書いてありますね。
 
 

HPが更新されない場合

 投稿者:オカピー  投稿日:2018年12月 1日(土)22時47分44秒
  実は、マイクロソフト・エッジを通して観ると、先月から更新された内容が見られなくなりました。最新のエッジと当HPの相性が悪いらしい。

その場合一番簡単な方法としては、インタネット・エクスプローラーで開くと大概見られます。
ネットのデータを保存するキャッシュが悪いことをしているのですな。
従って、キャッシュを消せば更新できます。
マイクロソフト・エッジの場合、URLが出ている段の一番右に、・・・というのがありますので、これを左クリックして現れた項目の中から“設定”を表示させ、その中の“閲覧データのクリア”から“キャッシュされたデータとファイル”を選択して実行します。
これで古いデータが全て消えるので、新しいのが出て来るというわけです。
 

「シンデレラ・リバティ」

 投稿者:十瑠  投稿日:2018年12月 1日(土)13時14分4秒
  はMYブログで記事にしてますが、「グッバイガール」も「第2章」も観てますね。
ニール・サイモンの奥さんになったのには、何だかほっこりとしたもんですが、結局別れちゃって、やっぱ映画の様になるのかなぁ、なんて思ったりもしましたな。

何度サイトを更新しても画像が出てこないので、確認できてません(笑)が、マーシャさんです。

https://blog.goo.ne.jp/8seasons

 

片隅で強く生きる女性役がピッタリ

 投稿者:ハンドルネーム名無し  投稿日:2018年12月 1日(土)10時16分28秒
  1970年代に少し有名になられました。
相当の映画狂くらいじゃないと知らない女優さん?かな。
特別スター的美人ではないけど演技派さん。
代表作は「シンデレラ・リバティー」かな、売春婦役を好演。
監督の名前でついつい観てしまったオカルトっぽい「オードリー・ローズ 」は期待外れ。
あと2~3本観たような観てないような・・・

    マー〇ャ・△イ◆ン女史です

 

冴えない男女の恋物語の傑作

 投稿者:vivajiji  投稿日:2018年12月 1日(土)08時45分38秒
  「グッバイ・ガール」で有名ですね。
上向きのお鼻がキュートな巧い女優さん。
「グッドバイ~」は何度も観たので
J・カーンと共演した「シンデレラ・リバティ」も
再見したいですね。監督がM・ライデルですもの。

  マー◯ャ・メイ◯ンさん。
 

クラウス・キンスキー

 投稿者:オカピー  投稿日:2018年11月 2日(金)21時44分26秒
  常連の皆様、解答有難うございました。
正解でしたが、意外とご覧になっていない感じですね。
僕はヴェルナー・ヘルツォーク監督による5作品を全て観ていて、すっかりジャングルの中を突き進むイメージが出来てしまいました(「アギーレ/神の怒り」「フィツカラルド」「コブラ・ヴェルデ」)。


>vivajijiさん


>>フィツカラルド

御覧になった3本の中では一番強烈な印象を残す映画・役ではないかと思います。

>>ドラキュラ伯爵
正確には、ドラキュラのもとになった吸血鬼「ノスフェラトゥ」ですね。これもヘルツォーク。この映画のイメージがあるから、人間離れした役がどんどん多くなったのではないでしょうか。
元来怪人物が多い役者でしたが^^;


>十瑠さん

>>ミック・ジャガー
ではないようです(笑)。
僕は、一番綺麗に撮られたミック・ジャガーと一番汚く撮られたジェーン・バーキンが案外似ていると思ったりします。

>>○カ○二・○ェ○タ○
作品として一番良いのは「夕陽のガンマン」でしょうなあ。


>nesskoさん

>>「ノスフェラトゥ」
僕のお薦め「フィツカラルド」と一緒にブルーレイに保存してあるので、いつでも見られるのですが、なかなか気分が乗ってこない。TVで観る映画ではないんですよねえ。

>>上海異人娼館
観たけれど全く憶えていないデス。
日本人はともかく、外国人はキンちゃん以外は知らない役者ばかり。
主演女優は、日本では本作でしか見られないみたい。
寺山氏は「マダム・クロード」を観ていたのでしょうね。キンちゃんはこういう変な映画が似合いますから。


>ハンドルネーム名無しさん

娘さんは一時期凄い勢いでしたけれど、すぐに息切れした感じでした。
僕はドイツの鬼才ヴェルナー・ヘルツォークが彼を主演に作った5本のうち、「フィツカラルド」と「ノスフェラトゥ」がご覧になる価値ありと思います。「ノスフェラトゥ」はちと気持ち悪いかもしれませんが。
 

べっぴんの娘の方が有名!?

 投稿者:ハンドルネーム名無し  投稿日:2018年11月 2日(金)01時20分26秒
  名前はとってもよく知っておりますよ!
でも何の映画に出演なさっていたのか全然存じあげません。
多分マカロニウエスタンで何本か拝見したような・・・?
寧ろ「テス」や「パリ、テキサス」に出演の娘さんの方が有名かも。

 ク〇ウ△・キ◇スキー氏です。
 

ノスフェラトゥ

 投稿者:nessko  投稿日:2018年11月 1日(木)13時19分41秒
  はっきり覚えていて、もう一度観たいのは↑だけですね。
マ〇ロ〇ウェ〇〇ンの悪役だったのも記憶にありますが、映画の題を覚えていません。
あと、寺山修司の上海異人娼館に出ていたのを覚えています。あれは、主演女優、ああいう顔の人をよく探して連れてきたな、という印象が強い。O嬢の物語の続編をわりと忠実に再現していたといわれていますが、娼館のマダム役のピーターがきれいだけど下品だったのが記憶に残っています。ク〇ウ〇・〇ン〇キーは、どうして出てたんでしょうね。けっこうへんな映画にもよく出てますね。

https://nesskodiary.exblog.jp/

 

ミック・ジャガー

 投稿者:十瑠  投稿日:2018年10月31日(水)20時18分33秒
  じゃない!?
どこからどう見てもミックと思うんですけどねぇ。

「美女のパパ」と姐さんが書かれているということは、やっぱ、○スター○ャのパパのKKさんですか。
そういえば「SCREEN」を読んでいる頃はフランコ・ネロやジュリアーノ・ジェンマ主演の○カ○二・○ェ○タ○によく出てましたね。
すっかり忘れていた俳優さんを思い出させてくれた、よい問題だと思います(拍手)。
 

美女のパパ

 投稿者:vivajiji  投稿日:2018年10月31日(水)18時27分12秒
  お顔からして強烈な怪優ですが
多出演の中、調べましても3本しか
当方、観ておりませんでした。
「フィツカラルド」『マダム・クロード」
「チェイサー」たしかドラキュラ伯爵のも
ありましたか? あれ?W、デフォーのと
勘違いしてるかも(笑)
インパクトがあることはわかるのですが
どうも印象として残っていない男優さん。

 ◯ラウス・キ◯スキー氏
 

レンタル掲示板
/88